ヤマネコ号の冒険(ARCと帆船Amiの航海日誌)

この記事は約8分でお読みいただけます。

私の愛読書『ツバメ号とアマゾン号』シリーズのファンが集まるアーサー・ランサム・クラブ(ARC)では、シリーズの第3巻『ヤマネコ号の冒険』と第10巻『女海賊の島』に出てくるスクーナー「ヤマネコ号」にそっくりな帆船Amiと出会い、同盟し、数々の冒険を行ってきました。

本を読んで憧れていた「ヨットで冒険する」夢を実現させてくれた帆船Amiと溜キャプテンへの感謝の気持ちを込めて、出会いと冒険の記録をこのページにまとめてあります。

なお、帆船AmiのことをARCでは「ヤマネコ号」と呼ばせていただいていますので、ブログ記事の中でも「ヤマネコ号」と表記してあります。

ヤマネコ号との出会い・同盟

去年からずっとやりたかったイベントがとうとう実現です。朝4:45に自宅を出発し、8時前に松崎に到着して、ベックフット号を組み立て開始。9時に...
西伊豆シーカヤックイベント2日目も盛りだくさんな一日でした。 港の朝は早く、4時台に起きて、航海士が水揚げ中の漁船からソウダガツオ3匹...
先週末に松崎港で出会ったツバメとヤマネコ号、今週末はまた松崎港にて同盟の正式な調印式を執り行うこととなりました。 KIKIさん・真昼のふ...
朝5時に起床。溜船長、ヤマネコ号のお客様1人、NP家4人は、松崎6:05発のバスでやって来ます。ツバメ宿泊組5人は、同じバスに、安良里から6...

ヤマネコ号で瀬戸内クルーズ

今朝は遅めの早起きで5時半起床。部屋で朝食を済ませてから、車で10分程のところの港へ行きました。車は港の無料駐車場に残したまま、私たちが来る...
ヤマネコ号の船首のバース(寝棚)で一晩を過ごしました。この熱帯夜の寝苦しさは、まさにカニ島の停泊地です。5時には起きて、あたりを散歩している...
桟橋での野宿で気持ちの良い朝を迎えました。ヤマネコ号宿泊組の船長、Mさん、航海士、私で、コックピットに座っていろいろなお話をしていると、民宿...

ARC総会でヤマネコ号クルーズ

この夏に出会い、同盟したヤマネコ号(本当の名前は帆船Ami号)で帆走できる日がいよいよやってきました。ARC創立20周年記念の大イベントです...
何と3日続けて沼津魚市場の「せきの」で朝食をいただきました。お店の人にも覚えられて、帰りがけに「娘さんにもよろしく」と言われてしまいました。...

ヤマネコ号で伊豆諸島クルーズ

今年の夏のヤマネコ号(帆船Ami号)クルーズは、以下の予定で伊豆七島の中の3島を巡ります。 8/12(火) 1300静浦(沼津)→...
5時過ぎに起きて、漁船の水揚げを待ち構えるために港に行きました。ヤマネコ号のメンマストに登ると、港外の定置網の近くに漁船が見えます。まだ魚を...
暑くて寝苦しい夜が明けて6時に起き、海岸を少しだけ散歩しました。この島にはいずれまたゆっくりと来て、赤崎でスノーケリングをしたり島の中央に格...
5時頃に起きて、公園のきれいなトイレで洗面してヤマネコ号に戻ると、K船長が最新の天気予報を教えてくれました。昨日から10メートルを超える強い...

ヤマネコ号で駿河湾三角形クルーズ

全長54フィートの2本マスト・スクーナー「帆船Ami号」をアーサー・ランサム・クラブ(ARC)で3日間借り切りました。ARCでの船の名前はも...
沼津からは天文台さん・Minnowさんご一家4人とleiraniさんも加わって、総勢17名で、予定通り17時過ぎに出港しました。何と天気予報...
6時前に起きて顔を洗って、6時からの朝食バイキングに行きました。ほぼ全種類を少しずつ取ると写真のような朝食になります(^^;。 また少...
6時頃、漁船が戻ってくるのを待ち構えるために港に行きました。ヤマネコ号のマストに少し登って防波堤の外側を眺めると、定置網のところに漁船がいま...

ヤマネコ号で花火見学

花火もほとんどシーズンの終わりですが、沼津の江ノ浦湾花火大会を洋上のヤマネコ号から見学してきました。 花火は夜ですが、張り切って朝から...

ヤマネコ号セイルトレーニング

今日は、夏と秋のヤマネコ号イベントのように遠くの港を目指すクルージングではなく、ひたすら帆走を楽しんで帆走の腕を上げるのが目的の「セイルトレ...
家から2時間弱のドライブで、8時半に静浦漁港に着くと、ヤマネコ号には一番に到着したNPさんだけが乗船していました。遠くから見るともう何人も乗...
溜船長、アミヨットクラブの方々も乗船して、総勢14名となりました。今日はいつものように岸壁に接舷した状態からではなく、堤防に直角にブイに係留...
昼食場所の浮き桟橋に着艇後、ヘッドスルのガスケットの仕方がよくないとのことで、もう一度きれいにNPさんがまとめ直しました。これは、強風の時...
今回はちょっと航海日誌風にレポートしてみます。 0530 起床 0640 ドレッドノート号(我が家の車)母港(自宅)出航 ...
昨日からETC休日特別割引が始まったので、混むかなあと少し心配していましたが、長津田駅に朝7時に集合して、特に渋滞することなく8時半にはヤマ...
お呼ばれした別荘は、海岸から洒落た小道を登って行ったところにありました。そこからは、満開の花をつけた桜、大瀬の湾と岬、(今日は残念ながら雲で...

ヤマネコ号にボランティア乗船

5/24のヤマネコ号からヨットレースを観戦するイベントは、残念ながらARCからの参加希望者の都合がつかなくて中止にしたので、急遽、ツバメ合宿...

ヤマネコ号で伊豆西海岸クルーズ

午後からは、ヤマネコ号で1泊2日のクルーズです。朝、沼津を出たヤマネコ号は、松崎にお昼頃に到着予定とのことでしたが、少し遅れて、14時頃入港...
南伊豆の妻良(めら)の民宿に泊まり、翌朝ヤマネコ号に泊った海星メンバーもまた民宿に集まって一緒に朝食をいただきました。 港に戻ると、ヤ...
T船長のご家族を乗せたトリマランも戻って来て、一緒にヤマネコ号船上でピクニック風に、航海士が焼いて来たブランデーケーキや海星メンバーの奥さん...

ヤマネコ号でヨットレース観戦

毎月第4日曜日に内浦湾で行われているヨット(クルーザー)のレースをヤマネコ号から見学しました。ARCからの参加者は、サグレスさん、Titmo...

ヤマネコ号「横帆」処女航海

本来「トップスルスクーナー型」であるヤマネコ号には、これまでずっと横帆のフォアトップスルをあげたことがありませんでした。しばらく前に、横帆を...

ヤマネコ号で瀬戸内クルーズ

ヤマネコ号の今年の夏のクルーズは、何と瀬戸内海です! 以下の行程の青太字部分に参加することにしました。 8/2(月) 0900静浦(静岡県...
旅館で朝食をいただき、たっぷり昼食を包んでいただいて、9:30に出航。 一旦、港の奥に向かって、とってもお世話になった井伊旅館の前まで...
ヤマネコ号宿泊組の5人は、朝早く目が覚めたので、6時頃には、船を出して、牛窓の最初に船を着けた岸壁に移動しました。 今日は雲がきれいで...
朝6時前に起きて、下津井港の付近を散歩しました。ここは、坂本龍馬が最初に江戸に行く時に四国から渡って来て着いた港だそうで、昔は、風待ち・潮待...

ヤマネコ号セイルトレーニング

久々にヤマネコ号でセイルトレーニングです。参加者はARCから4名、ビール艦長のカヤック仲間のつっぺり隊から3名、Amiヨットクラブ・他から9...

ヤマネコ号お花見セーリング

東日本大地震後、いろいろなイベントが中止されています。そんな自粛ムードが続けば経済が停滞し復興が遅れるから、被災していない人は普段の生活をす...

ヤマネコ号でウミガメ観察

去年のお花見セーリング以来、久々のヤマネコ号乗船です。今回は、駿河湾を縦断して、御前崎付近の砂浜で、ほぼ満月の夜に、野生のウミガメの産卵を観...
夕食後、いよいよウミガメ産卵の観察会です。相良海岸に産卵のため上陸するアカウミガメの調査、保護活動を行っているカメハメハ王国というボランティ...
ウミガメの卵の観察を終えて、食料を買出しして相良港に戻り、朝食を食べていると、漁を終えた漁船が戻って来ました。カマスやキスや雑魚を1000円...
相良高校ヨット部の皆さんの見送りで、9:50に相良港を出港し、帰路につきました。昨日とはうってかわった好天で、風も東寄りになったので、横帆の...
七夕にヤマネコ号でウミガメ産卵観察に行きましたが、今回は、その卵がかえって子ガメが海に帰って行く様子を観察するために、ヤマネコ号で駿河湾を横...

ヤマネコ号で玄界灘クルーズ

愛読書に出てくるスクーナー「ヤマネコ号」にそっくりな「帆船Ami」が、この夏、麗水(韓国)〜ウラジオストク(ロシア)の帆船レースに参加します...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »