今がチャンスのエジプト手配旅行

この記事は約5分でお読みいただけます。

エジプト旅行を計画

エジプトにはこれまで何度か行こうとしたものの、1997年の外国人観光客をねらった無差別テロや、2011年の民主化革命「アラブの春」など、しばらくは行けそうにないなあと思える事件が何かしら起きていました。

まだ不安なイメージはありましたが、外務省の情報では、主な観光地は「充分注意」レベルで、カタール航空のカイロ往復航空券はゴールデン・ウィークでも10万円を切っています。

エジプトは絶対に見てみたいし、今後もっと治安が悪くなる可能性だってないとは言えないので、思い切って行くことにしました。

旅程(2016年)

4/29: 成田2220→

4/30: →0405ドーハ0900→1230カイロ

→エジプト旅行のトップページへ 連休初日の成田発最終便でドーハに飛び、長い乗換待ちの後、真っ青な紅海の上を越えてお昼頃にカイロに到着。頼...

5/1: カイロ0800→0925アスワン→アブ・シンベル

→エジプト旅行のトップページへ このご時世で観光客が少ない中、ゆっくりエジプト巡りが出来るだろうと思って来たのですが、まさかここまでとは!...

5/2: アブ・シンベル→アスワン、クルーズ船チェックイン

→エジプト旅行のトップページへ 南エジプトのアスワンにある「大きな物」その1は、未完成(切りかけ)のオベリスクです。Wikipediaによ...

5/3: アスワン→コモンボ→エドフ→エトナ水門→

→エジプト旅行のトップページへ 学生時代に映画『ナイル殺人事件』を見て以来憧れていたナイル川クルーズが、アスワンからクルーズ船Amwaj...

5/4: →ルクソール

→エジプト旅行のトップページへ アスワン〜ルクソールのナイル川クルーズ船は、どれに乗っても途中で2ヶ所の遺跡に立ち寄ります。その1つ「コ...
→エジプト旅行のトップページへ ルクソールの初日、午前中のデンデラ神殿の観光を終えて一度クルーズ船に戻りお昼にした後、午後はルクソール博...

5/5: ルクソール、クルーズ船チェックアウト

→エジプト旅行のトップページへ ルクソール2日目は、かつてネクロポリス(死者の都)と呼ばれていたナイル川西岸を見てまわりました。まずは、ピ...

5/6: ルクソール1920→2030カイロ

→エジプト旅行のトップページへ 今回の旅程ではルクソールでたっぷり3日間も時間を取り、その半分は予定を立てずにおきました。ルクソール最終...
→エジプト旅行のトップページへ ルクソール最終日の午後、カルナック神殿を訪れました。スフィンクス参道の先に第1塔門、第2塔門…と続いてい...

5/7: カイロ→ギザ→サッカラ→メンフィス→ダハシュール→カイロ

→エジプト旅行のトップページへ エジプト旅行も後2日を残すのみ。今日は一日かけて世界遺産のピラミッド地帯を巡ります。最初は、最大のクフ王の...

5/8: カイロ2010→2325ドーハ

→エジプト旅行のトップページへ エジプト最後の日は、カイロ市街の観光です。最初に、ムハンマド・アリ・モスク。とても美しい建物です。今までに...

5/9: ドーハ0240→1840成田

初めての手配旅行

旅行中にテロなどの万一のことが起きた場合のことを考えて、今回は、現地ツァー手配専門の旅行代理店に、予め全ての手配をお願いすることにしました。我が家は自由旅行が基本なので、完全な手配旅行をするのは初めてです。

希望の旅程を送って、何社か見積もりをお願いしたところ、「ARGエジプトトラベル」という会社が18万6千円(ビザ代・チップは別)で最安でしたが、評判も良く、メールのやり取りからも信頼できそうだった「ナギーサファリ」という会社に2千ドル(ビザ代・チップ込)で手配をお願いすることにしました。全ての宿泊費・エジプト内交通費・ナイル川クルーズ・入場料・ほとんどの食事代を含め、2人で8泊9日の上記旅程の料金です。前金が必要なく、現地到着後の支払いでOKなのも決め手でした。

ガイドなし、英語ガイド、日本語ガイドが選べて、順番に高くなるのですが、一部だけ英語ガイドをお願いしていたところ、観光客が激減しているエジプトなのでガイドが余っているのか、結局、追加料金なしで全行程に日本語ガイドがつきました。

我が家は、自分たちのペースで見てまわれなくなるのが嫌で、ガイド・ツァーは基本的に避けるのですが、今回はガイドの質がとても良くて、価値のある説明と、好きにさせてくれる時間との配分が申し分なく、ガイド付きでエジプトを見れてよかったと思いました。

特に、アブ・シンベル神殿で楽しみにしていた「光と音のショー」が、我が家2人以外に観客がいないため10人分の料金を支払わないとキャンセルになるところを、ガイドの方がその場で上司と連絡を取って追加料金を負担していただけることになり、ショーを貸切状態で見ることができました。いつもそういう訳にはいかないだろうし、我が家は運も良かったのだと思いますが、太っ腹な対応には度肝を抜かれ、一番の思い出となりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »