西伊豆シーカヤックイベント2日目

この記事は約3分でお読みいただけます。

西伊豆シーカヤックイベント2日目も盛りだくさんな一日でした。

港の朝は早く、4時台に起きて、航海士が水揚げ中の漁船からソウダガツオ3匹とイカや小魚を何とただでもらって来ました。朝から豪華な朝食となりました。

Pict9864Pict9871朝食前には、ヤマネコ号の見学をさせていただきました。マストもブームも木製だし、セールはキャンパス布だし、全てのロープ/シートは昔ながらの白色で、本当に素敵な船です。ヤマネコ号そのものです。

Pict9880_2Pict9887マストにも登らせていただきました。クロストリーズに立って、見下ろす甲板や港の景色をたっぷり楽しみました。船室も見せていただき、ストーブやランプや食器が素敵でした。

Pict9907ヤマネコ号の出港を見送り、ツバメも出港。

Pict9913帆走しながらいつものようにトローリングしました。釣果は、今までで一番大きなシイラが一匹です。風が落ちてきたので機走して安良里に戻り、シイラのムニエルとサンドイッチの昼食をいただきました。

食後は浮島まで車で行き、まずは暑い中、何年ぶりだろうというカキ氷を食べました。カキ氷の後すぐに泳ぐのはスーザンが許さないだろうと言いながらも、夕方までは、浮島でまたシュノーケリングです。

洞窟トンネルをくぐったり、ソフトコーラルやいろんな魚を眺めて泳いだり、巻貝を採集したり。湾を横断して反対側の崖の洞窟も見に行きました。その辺りで、今度は岩に張り付いた貝を採って、その場で食べてみると、なかなかおいしいです。野蛮人な午後でした。

水着のまま歩いて温泉に行けるのが浮島の良いところです。昨晩は慌しかったけど、今度はゆっくり温泉にもつかり、安良里に戻って、地魚料理の店で4食連続のシーフードをいただき、体力の限界に挑戦するような2日間のイベントを終えて、帰路につきました。

お疲れ様~!

翌朝、さっそくヤマネコ号のT船長より、アーサー・ランサム掲示板に書き込みがあり、翌週に松崎で同盟の正式な調印式を執り行う運びとなりました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »