パラワン島のプエルト・プリンセサで地底河川洞窟探検

この記事は約2分でお読みいただけます。

1時間遅れの国内線でマニラからパラワン島のプエルト・プリンセサに飛び、バタフライ・ガーデンという所にトライシクルで行ってみました。蝶はそれほどでもありませんでしたが、まるで枯れ枝にしか見えないナナフシという昆虫が面白かったです。

Puerto Pensionという宿に泊まりましたが、庭にハンモックもあってくつろげるし、雰囲気の良い所でした。すぐ近くの海岸には夕暮れ時にずらりとお店が並んで、新鮮なシーフードがよりどりみどりなのも嬉しいです。

翌日は、車で1時間半ほど離れたところにある世界遺産の地底河川国立公園を1日ツァーに参加して見に行きました。地底河川に入るボートの順番を待つ時間をつぶすため、ここでもZIPLINEを楽しみました。今度は海の上を相当長い距離滑空するのでますます爽快でした。

地底河川の入り口へは、船に乗って降りたビーチから、ジャングルの中のような所を少し歩き、洞窟に入って行く10人乗りくらいのボートの順番待ちをします。

ようやく順番が来てボートに乗り込み、いよいよ進入します。

随分と奥の方まで地底河川をボートで入っていって、スケールの大きな鍾乳洞の中を探検しました。

一通り見て洞窟から出るところです。洞窟内は、2隻のボートがすれ違えるくらいの幅はあります。

大学の時は探検部に所属していたこともあって、鍾乳洞は結構あちこち見てきましたが、これほどのスケールの地底河川をボートで巡るのは初めての経験でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »