冬景色が進む蓼科からカーリングのリーグ戦に参戦

この記事は約5分でお読みいただけます。

金曜日: まだ雪のない蓼科へ

山中湖に滞在した後、週末に御代田(軽井沢の西隣)で行われるカーリングのリーグ戦に参加するために、蓼科に向かいました。

諏訪でランチと買出しを済ませた後、霧ヶ峰へ登って行く道中、池のくるみ(写真↓、別名:踊場湿原)の上からは、八ヶ岳連峰富士山がくっきり見えていました。

まだ、山にも道路にも、思ったほど雪はなかったです。

軽井沢や御代田で泊まりがけでカーリングをする際に常宿としているホテルアンビエント蓼科に15時過ぎにチェックイン。今回は、レイクビュースイートという女神湖に一番近くて広い部屋を4ヶ月前から予約しておいたので快適です。

部屋の窓からは、湖越しに沈む夕陽を眺められました。

全国旅行支援の仕組み上、食事を付ける方が実質的に安上がりなので、夕食に和食会席料理をいただきました。(写真は、その一の膳です。)

土曜日: 凍り始めた湖を散歩後、リーグ戦1日目は大差で連敗

翌朝、女神湖を一周散歩すると、岸辺は凍り始めていました。薄い氷の上に乗って事故が起きるのを防ぐためなのか、要所には赤旗が立てられています。

午後、リーグ戦に個人参加して2試合しました。

第1試合はサード・バイス(3番目に投げる副司令塔)、第2試合はフォース・スキップ(最後に投げる司令塔)を務めましたが、今回は強いチームが対戦相手だったこともあり、どちらも大差で負けてしまいました。

特に第2試合の第3エンド、6点も取られてしまったのは、司令塔をしていた自分の作戦ミスが大きいのですが、この時は後攻の相手に大量点を取られないように気をつけながらショット選択をしていたつもりだったのに、結果的にこうなってしまい、後で振り返ってもどこで間違ったのか記憶がはっきりしないのが悔しいです。

日曜日: うっすら雪化粧の湖を散歩後、リーグ戦2日目は1敗1勝

翌朝、湖を一周する遊歩道には、うっすらと雪が積もっていました。

スワンボートも来年の春まで陸の上で冬を過ごします。

リーグ戦2日目は、昨日のチームからメンバー1人が入れ替わって、お昼をはさんで2試合あり、第1試合はセカンド(2番目に投げる人)、第2試合はフォース・スキップ(最後に投げる司令塔)を務めました。

第1試合は、昨日に続いて強いチームが相手で、序盤は接戦でしたが、最後はやはり大差をつけられて負けてしまいました。でもこちらのチームの雰囲気は良くて、士気高く最終戦に臨みました。

第2試合は、アイスの曲がり幅もよく把握できたためにショット精度も上がり、いくつか難しいショットも決まって、快勝しました。

1勝3敗の負け越しの2日間でしたが、即席チームながらいい感じのチームワークが発揮できたし、最後に勝てたので、とても気分良く終えることができました。

ホテルへの帰り道、見たことがないような雲がすごいので、車を停めて写真を撮りました。

その晩は、夕食にフレンチ料理を選んでいたのですが、なんとお客さんは我が家だけで、ホテルのレストランを貸切状態でした。

料理は、和食会席よりも美味しくて、最後のデザートまで楽しめました。

月曜日: 一晩で冬景色になった蓼科

翌朝、部屋のカーテンを開けると、しっかり雪が積もっていました。

雪が積もった遊歩道を歩くと、前に歩いた人の足跡がすっかり凍っていて滑りやすかったです。

朝日がまぶしくて雪盲になりそうでした。

湖の氷結部分も広がっていて、氷の中に自然にできた模様がおもしろかったです。

周りにあるスキー場では、シーズン開始に備えて人工降雪機がフル稼働していました。

周辺の道路は、あちこちで凍結したり圧雪状態になっていましたが、2週間前にスタッドレスに交換しておいたので大丈夫でした。

蓼科がちょうど冬景色になる変わり目に滞在できて、その様子を見ることができて良かったです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

Translate »